雪国の人へ。SORELのカリブーは、絶対に持ってた方が良いよー!

SOREL カリブー オススメ コーディネート

どうも!イナケンです。

このブログを書いているのは、2017年2月2日です。

こないだまでものすごい寒波で1週間以上も雪が降っていて、「もう嫌。南国に引っ越す。インターネットだけで生計立ててるから、どこでも生きていけるし!」なんて思ってたら、

ここ数日間は天気が良くて、家の裏の海岸がとても気持ちよくて、「富山は最高だな。夏には、この海岸をPatagoniaのバギーズショーツとビーサンで歩こうっと。」なんて考えていたんですよ。

それなのに、また今日・・・

富山の雪

家の仕事場から撮影しました。

やっぱり降るんですよ。降る降るとは思っていたんですけど、やっぱり降る。

昔より少なくなったとはいえ、やっぱり富山は雪国。覚悟を決めて雪と一緒に生きるしかないのです。

そんで今日は、富山に限らず、雪国に住むあなたに、僕がゴリ押ししたいアイテムを紹介します。

SOREL(ソレル)のカリブーです!

SOREL caribou ソレル カリブー

カラーは、281 Buffです。

僕は4年前くらいに買ったんですけど、今ではこのブーツがない冬なんて考えられなくなりました。

今日は、SORELのカリブーのオススメポイントを順番に紹介していきますねー。

スポンサーリンク




カリブーのイケてない所

オススメポイントを紹介する前に、カリブーのイケてない所を先に言っちゃいます。

価格が高い・・・

カリブーは、ハイパフォーマンスゆえに、価格がそれなりに高いです。

定価は、税込みで21,600円。

ちょっと躊躇する価格ですよね。実際に僕もずっとカリブー憧れがあったのですが、数年間見ているだけ状態でした。

だけど、もしもあなたが、毎年20cm以上の積雪があるところに住んでいるなら、この価格に見合った満足を得られることは間違いないですよ。

重い・・・

カリブーは、重たいです。最近は、ラインナップの中に軽いナイロン素材のタイプもあるんですが、それでもけっこう重たいと思います。

なんでかっていうと、カリブーの重たさは、アッパーよりもソールにあるからです。だけど、これは後からお伝えしますが、このソールこそがカリブーの良さなんです。カリブーを履くことで、重たさと引き換えに、とても素晴らしいメリットを得られることができるんです。

という感じで、カリブーのデメリットは、

  1. 価格が高い
  2. 重たい

の2点です。なので、安くて軽いブーツを探している人は、カリブーは選ばないほうが良いですね。色々と工夫して雪を乗り切ってください。

だけど、カリブーを選んだ人は、雪が降ってもヘッチャラになるし、冬のオシャレが楽しくなります。犬を飼っているなら、散歩が楽ちんになっちゃいます。

それじゃあ、SORELのカリブーのオススメポイントを紹介していきます!

氷点下になっても、足が全然寒くない!

デメリットになっている厚くて重いソール。このソールこそがカリブーが最強のスノーブーツとして君臨している理由です。

SOREL caribou ソレル カリブー

カカトの一番厚い部分で、約3.5cmもあります。

SOREL caribou ソレル カリブー

雪の上でも滑りにくいのです。

厚さ約3.5cm!エアとかそんなので軽くしていないガチガチのソール。この厚みのおかげで地面からの冷えが足に全く伝わりません。

雪の日や氷点下の日。何が寒いって足先が寒いじゃないですか。これって、地面からの冷えが靴のソールを伝って足に届いているのが原因なんです。

靴底が地面と同じ冷たさになっているわけだから、ソックスを2枚履きしても勝てるわけないんですよ。

カリブーは、このガチのソールで地面の冷えをシャットアウト!

裸足でも全然オーケーなくらいです。以前、厚手のウールのソックスを履いてカリブーを履いたら、足汗が全開になってムレムレになったくらいです。

インナーのモコモコで熱を逃しません!

カリブーは、厚いソールで地面からの冷えをシャットアウトするだけではありません。

モッコモコのインナーでブーツ内の熱を逃しません。

SOREL caribou ソレル カリブー

モッコモコやぞ。インナーは取り外しできるので、クリーニングもできます。

雪の日の犬の散歩の時、カリブーに足を通した瞬間、このモコモコに足が包まれます。履いた瞬間から、ブーツ内があたたかくなってきて、散歩中、足に冷たさを感じることはありません。冷たさを感じるどころか、家にいたときよりも足先がポカポカしてくるくらいです。

足湯に入っていると全身が温まるって言いますよね。カリブーもこれと同じような感じだと思われます。カリブーを履いていると、アウターなどを重装備にしなくても寒くないんです。

防水性高し!

カリブーのアッパー素材は、ヌバックレザー。レザー自体に厚みがあるので水が染み込んで来たことは今までに一度もありません。

SOREL caribou ソレル カリブー

WATERPROOF(防水)の型押し。

3本針でしっかり縫製されているので、4年間履いた今でもホツレはないし、水が侵入してきたこともないです。

SOREL caribou ソレル カリブー

頑丈なステッチ!

360度グルッと包んでいるラバーシェルのおかげで、水たまりもへっちゃらです。

SOREL caribou ソレル カリブー

360ラバーシェルで、鉄壁の守りを実現。

歩きやすい!

ゴム長靴と違って、ヌバックレザーなので、足の形や動きのクセに合わせて馴染んでくれます。

SOREL caribou ソレル カリブー

履くほどに柔らかくなって、足に馴染んできます。

最初は、ソールが厚いし重たいし、歩きにくいと感じるんですが、すぐに慣れます。

履き込むほどにヌバックが足に馴染んで歩きやすくなってくるのもカリブーの特徴ですね。ヌバックレザーに味が出てくるし、愛着も湧いてくるので、好きなものを長く使っていきたいあなたなら、カリブーを絶対に気に入るはず。

スノーブーツの中で一番カッコイイ!

機能はもちろんなんですけど、カリブーの良さって、やっぱりデザインだと思うんです。

ヌバックレザーのベージュにソールのブラック。チラッとみえるモコモコインナー。

SOREL caribou ソレル カリブー

この武骨な感じが良いんですよ(ウットリ)

絶妙のバランスだと思いません?

スノーブーツと言えばカリブー!っていう信者がいるのもうなづけます。

ヌバックレザーの他にも素材やカラーリングが色々あるんですが、絶対にこのカラーリングにしておいた方が良いです。

ちょっと想像してみてください。

あなたの玄関にカリブーがあるところを・・・

アラジンのストーブの前で乾かされているカリブーを・・・

置いてあるだけでオシャレじゃないですか?

もはやインテリアの一部になってしまうほどの完成度なんですよ!カリブーは!!

すいません・・・。カリブーが好きすぎてちょっと興奮してしまいました・・・。

カリブーには、デニムがよく合うのだ。

SORELのカリブーは、ボリュームがあるので、コーディネートが難しいといえば、難しい。

なので、あんまりゴチャゴチャしないで定番的でシンプルなものと組み合わせた方が良いと思います。

SOREL カリブー オススメ コーディネート

カリブーのBuffカラーとブルーは、好相性のカラーですね。

上の写真は、犬の散歩中にiPhoneで撮影した僕自身のカリブーです。

カリブーのBuffというカラーは、ブルーデニムとの相性が最強です。instagramで、「#sorelstyle」で検索すると、SORELのブールを履いたオシャレさん達のセルフィーが沢山みられますが、ブルーデニム率が高いです。

女性は、スキニーのブルーデニムにSORELのブーツを合わせるのがお好きなようです。なぜか男性でSORELを履いている人はあんまりいないんですね。UGGのムートンブーツもいつの間にか女性専用のアイテムって感じになっていたけど、SORELもそうなってしまっていたのか・・・。

カリブーのヌバックのベージュと程よく色落ちしたデニムのブルーの相性は、すごく良いです。これに、赤色のトップスを合わせるのが最強です。

インスタで見つけた↓このお姉さんがすごく良い!

ブーツはカリブーじゃないけど、カラーコーディネートが最高に良い!

僕は冬になると、犬の散歩や除雪の時以外でも、SORELのカリブーを履いて出かけることがあります。

合わせるものは、パンツだと、

  • ブルーデニム
  • ファティーグパンツ(ミリタリーパンツ)

が多くて、トップスだと、

  • 赤のPatagoniaのフリース
  • インバーアランのボーダーニット

っていうのが多いです。

右下のハットは、GAPのセールで1,000円くらいで買いました。

パンツは、どっちもFOURSTARっていうスケートボードブランドのものです。

雪国の人は、カリブーを履ける特権を使いまくろう!

さっきも書いたけど、SORELのカリブーは、ボリュームがあるブーツなので、オシャレに着こなすのは、それなりに難しい感じ。

だけど、雪が降っている日に履いて、友人と食事に行ったりすると、

「カリブー良いなぁ〜」

「やっぱり欲しくなるねぇ〜」

という羨望の的になることが多いです。防寒っていう機能面はもちろん、冬だからこそできるオシャレをしているというのが良いみたいです。

富山に限らず、雪が何十センチも積もる地域に住んでいると、除雪は大変だし、通勤は憂鬱だし、嫌になる日が続きます。

そんな時は、雪国だからこそ楽しめることを見つけて、たくましく、オシャレに生きていこうではありませんかー!

SORELのカリブーは、雪も降らないし、氷点下にもならない場所では、明らかにオーバースペックです。ある意味冬でもタンクトップみたいな感じで痛い奴になりかねません。

だけど、雪国の人が履けば、暮らしに密着しているから、道具としてのカッコ良さもにじみ出てきて、最高にオシャレです。

SORELのページをチェックすると色んなモデルとカラーがあるけど、選ぶなら、カリブーのカラー品番281(Buff)一択です!それ以外は、なんかラグジュアリー感がプンプン出ていて、せっかくの道具感や暮らし感が楽しめません。

今年の冬はもうそろそろ終わりそうですけど、欲しい時が買い時なので、気になっていた人は、いっちゃってもアリだと思いますよー。

SORELのページへ

楽天でSORELの最安ショップを探す

今日は以上です。最後までありがとうございます!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする