好きなことをコツコツと続けるために必要な6つのこと

好きなことをコツコツと続けるために必要な6つのこと

どうも!イナケンです。

あなたは、本当にやりたいことを後回しにしていませんか?

もしくは、

やろうと決めたことがあるのに、全然できていないと悩んだりしていませんか?

こういうことって、誰にでもありますよね。

もちろん、僕にもやりたいことがあるし、やろうと決めたことができないこともあります。

例えば、僕は、毎日アシュタンガヨガをやろうと決めています。

アシュタンガヨガっていうのは、日曜日と満月の日以外は、毎朝やるという決まりがあります。

なので、僕もそのシステムを導入しているからには、やらなくてはいけないのです。

でも、まぁ、できないんですよ、毎日は。

先週は、3日しかしていません。

その前は、2週間くらい欠かさずやっていたし、5月、6月、7月は、毎日やってました。

とこんな感じで、アシュタンガヨガに限らず、やろうと決めたことや、本当にやりたいことができずに、ズルズルと毎日を過ごしてしまうことがあれば、なぜか継続してできる時もあります。

そこで考えてみたんです。

やりたいことや、やろうと決めたことを毎日続けている時と続けられない時の違いって何なのか?

この違いが分かったら、やらなければいけないことに時間を取られて、自分の時間を生きられないっていうことを回避できるんじゃないかと思うんです。

そこで、今日のブログでは、僕がアシュタンガヨガを毎日やっていた時と三日坊主で終わってしまう時の違いを書いてみようと思います。

あなたのやりたいことの継続に役立つと嬉しいです!

大前提!やる気はコントロールできんぞ!

やる気はコントロールできない!

やる気はコントロールできない!

多くの人がしている勘違いなのですが、やる気はコントロールできません。

「やる気が出たら、やろう!」

これだと、一生やりません。

なんでかっていうと、やる気っていうのは、勝手に出てくるんじゃなくて、行動してから出てくるものだからです。脳の研究で分かっている事実です。

  • ちょっとだけ掃除したら、気づいたら大掃除になってた。
  • 軽く50メートルだけ走るつもりが、2km走ってた。

なんてことがよくありますよね。あとは、

  • 勉強しようと思って、部屋を片付けたら、片付けが楽しくなった。

こういうのもあるあるです。

これらは、行動の後にやる気が出る分かりやすい例だと思います。

やろうと決めたこと、やりたいことがあるなら、まずはほんのちょっとで良いから行動する。

そしたら、脳からやる気が溢れ出てきて、どんどん集中力が高まっていきますよ。

やると決めた以上のことは絶対にやらない!

To Do リスト

やると決めたこと以上のことをやるのは、習慣化の敵!

やろうと決めた量や時間では物足りなくて、いつもよりも頑張ってしまうことってないですか?

  • 1日10ページ読書しようと決めているけど、今日は、気分も良いし、時間もあるから、20ページ読もう!

みたいな感じ。

これって良さそうに感じるんですけど、やらないほうが良いです。なぜかというと、次の日にサボる口実になってしまうから。

習慣って、毎日やることです。週に3回とか、月に4回っていうのは、習慣じゃないんですね。

もしも、あなたにやりたいことがあって、それを毎日の習慣にしたいなら、やると決めた量や時間だけをやるようにしましょう。

大事なのは、小さくても良いから、やると決めて、それをやり続けること。習慣化することが最優先です。

僕は、アシュタンガヨガの練習では、「絶対に痛いと感じるまで曲げない。」と決めているんですが、調子が良い日は、グイグイ曲げちゃいます。

そうするとまぁ気持ち良いんですよ、精神的に。「俺は今日攻めたな。」みたいな。

でもそれを、次の日のサボる口実に使ってしまう。

「昨日頑張ったし、今日は休んだほうが良いよな。」

っていう感じです。アホです。

やらないと気持ちが悪いと感じるようになるまでは、物足りないくらいでOKです。

まずは、習慣化を目指しましょう!

1日の最初にやる!

人生は、朝から変わる!

人生は、朝から変わる!

もしもあなたに「ずっとやりたいと思っているのに、やれていないこと」があるなら、1日の最初にやってください。

「嫌だ。仕事や家庭やプライベートの用事を終わらせてから、ゆっくりとリラックスしてやりたいんだよ〜。」

なんて思っているなら、きっとあなたは一生何もやらないです。

僕の場合、健康でいないと自分の時間を楽しめないと考えています。なので、健康でいるために選んだアシュタンガヨガを、一日の最初にやることにしています。

それに、一日の最初は、脳みそが元気です。ほとんどの人は、疲れるっていうのは、身体的なことだと思っているけど、脳も疲れます。

夜になれば、仕事や人間関係のストレスに対応して、脳はクタクタです。

そこから、やりたいことをやろうとしても、行動できるわけがないんですよね。

たまに、

「やりたいことがあるけど、仕事が終わった後の時間では全然できない。自分はダメ人間だ・・・。根性がないんだ。」

みたいなことを言う人がいるんですけど、全然ダメじゃないです。それが普通です。これは、根性の話じゃないです。脳の話です。

こうやって、1日の最後にやりたいことをやろうとして、やっぱりできなくて、「自分はダメ人間」っていう負のループにハマって、元気がなくなっていく人、とても多いです。

僕も昔はそうでした。どんどん不安が溜まっていきます。これは結構シンドいんです。なので、今すぐ、「一日の最後にやりたいことをやる」っていうのをやめましょう。

僕も朝起きれなくて、夜にアシュタンガヨガをやろうとしたことがあったんですが、継続が難しかったです。あと、アシュタンガヨガは、朝のヨガなので、夜になると眠れなくなって酷い目に合いました・・・。

やりたいことは、1日の最初にやる!時間がない人は、10分からでも良いからやってみてください!

ちゃんと寝る!

夢や目標の達成は、快眠から!

夢や目標の達成は、快眠から!

1日の最初にやりたいことをやると決めたら、次は、全力で睡眠時間を確保してください。

僕がアシュタンガヨガをサボる時の一番の原因は、ちゃんと寝れていないことです。

寝坊したり、寝起きが悪かったりすると、アシュタンガヨガをサボリ気味。

朝起きれない原因は、

夜遊びしたり、夕食が遅かったり、ネットサーフィンし過ぎたり、布団に入ってから考えすぎたり。

こういうことが睡眠の邪魔をします。他にも、

小さい子供がいたり、家の環境が良くなかったり、ストレスを抱えていたりと、グッスリ眠るっていうのは、とても難しいことなのかもしれません。

だからこそ、睡眠の改善は、必須です。全力で快眠を手に入れなくてはいけません。

1日の最初にやりたいことをやるためには、快眠は絶対条件なんです。

快眠→スッキリと起きる→やりたいことをやれる朝

僕は、最低8時間の睡眠を確保しています。何があってもこれは変えません。仕事のためにも、遊ぶためにも、8時間の睡眠がベースになっています。

若い時は、忙しかったり、やりたいことが沢山あるときは、「睡眠時間を削れば良いや」って思ってましたが、睡眠時間を削ってうまくいったことってなかったし、短期的には上手くいっても、結局続かないんです。

睡眠時間を削って作ったスポット的な3時間(180分)より、1日10分を18日続けるほうが強いです。短期的には、寝ない人が勝つこともあるけど、最終的には、コツコツとやりたいことを続けた人が勝ちます。

やりたいことができていないと感じているあなたは、まずは、睡眠について考え直してみても良いと思います。

目標をアホほど小さくする!

目標は大きい方が良い?それは間違いです。

目標は大きい方が良い?それは間違いです。

もしもあなたが、やりたいことがあるのに、全然前に進まないと思っているなら、やることや目標を小さくしてください。

しかも、大胆に小さく!

周りからアホか!?と言われるほど小さくしてください。

目標は小さければ、小さいほど良いのです!

例えば、毎朝ランニングしようと決めたのに、全く何もできていないなら、目標を「ランニングウェアに着替える」にします。

そんで、さっきも書いたように、決めたこと以上のことは絶対にやってはいけないので、ランニングウェアに着替えたからといって、ランニングシューズを履いてはいけません。実際に走るなんてもってのほか!ランニングウェアを着た段階で試合終了。あなたの勝ち。あなたは、自分との約束を守った勝者なのです!

これを「意味ないじゃん。どうせなら完璧を目指したいわ。」と感じているうちは、何も達成できないです。すでに完璧にできている人は別に良いですよ(そんな人間いないと思うけど)。

目標を小さくするというのは、やりたいことがあるのに停滞を感じているあなたに絶対に役立つアドバイスです。

今すぐ、目標をアホほど小さくしてみてください。

僕も前は、毎朝1時間もアシュタンガヨガをしていませんでした。10分の太陽礼拝(ヨガの基本でウォーミングアップ的なポーズ)だけを半年くらい続けていました。

10分の太陽礼拝ができるようになったので、少しずつ時間を長くしていきました。

今でも、サボる日が続くと、10分に戻します。10分のヨガもできない時は、ヨガマットを敷くっていうのを目標にします。

やりたいことができていないっていうのは、大体の場合、時間がないっていうのが原因です。

新しいことをやろうと思ったら、今やっていることをやめないと、新しいことをやる時間は生まれないですよね?

今の生活に新しいことを1時間詰め込むのって、かなり大変です。

でも、10分なら、スマホやテレビを見る時間を削ったり、10分だけ早起きすれば作れます。

100%完璧じゃないとやりたくないって言いながら何もやらないより、未完成でアホみたいな小さい行動でも前進した方が良いに決まっています。

目標は、周囲が引くくらい小さい目標にしましょう!

まとめ

  • 大前提!やる気はコントロールできんぞ!
  • 決めた以上のことは絶対にやらない!
  • 1日の最初にやる!
  • ちゃんと寝る!
  • 目標をアホほど小さくする!

僕の場合、やる気が持続して、やりたいことを続けている時は、こういうことを意識していました。

やりたいことを続けるコツは、行動や目標そのものよりも、環境作りを優先してやることだと思います。

あとは、体調や精神的に調子が悪いときほど、これらのことを意識した方が良いですね。特に、目標を小さくするっていうのは、調子が悪い時にとても有効です。

こういうのを意識しなくても継続できる人もいるのかもしれないけど、僕は、あんまり自分のことを信用していないので、コツやテクニックに頼りまくります。

あと最後に付け加えるなら、三日坊主になっても反省しないことです。

三日坊主でも良いし、なんやったら一日坊主でも良いんですよ。続かなかったら、またもう1回始めれば良いんです。

僕は僕の人生を生きているので、自分ができなかったことを自分で攻めたりしません。

さっきも書いたように、最初から自分のことを信用していないので、できない自分にがっかりしません。

あと、自分に一番優しくいようと思ってます。今まで40年近く生きてきて、自分のことを全て後回しにして、僕のために何かをやってくれた人は、一人もいません。

「当然だろ!」って感じですが、このことを実感として感じたり、腑に落ちたのは、ここ数年です。それに気づいてからは、自分は自分に優しくしないとダメだと思うようになりました。

なので、別に三日坊主でも自分にプレッシャーをかけて自己嫌悪に陥るっていうことはしません。サボったら、また次の日に、今日書いたようなコツを使って再スタートする。

やりたいことの継続って、この繰り返しです。

まぁでも、やっぱり毎日やると決めたら、毎日やりたい。毎日やれてる時のほうが気持ち良いのは間違いないです。自分との約束を破るのを続けていると、いずれ他の人との約束も破るようになりますから。

毎日コツコツを続けると、寝る前の妄想がなくなって、グッスリ眠れるようになりますよー。

今日のブログが、あなたの自分の時間作りに役立つと嬉しいです!

シェアする

フォローする