年収90万円で東京ハッピーライフから、働かなくてもいい生活にするための4つの方法を学んだ!

年収90万円で東京ハッピーライフ

どうも!イナケンです。

今日は、自分のやりたいことがあるのに、全然実現できない、達成できないという人にオススメの本を紹介します。

あと、自分の人生に、なんだかよく分からない不安を感じている人にもオススメです。

↓この本です。

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

大原扁理(おおはらへんり)さんという方が書かれた、年収90万円で東京ハッピーライフ。

よく「東京では、年収1,000万円あっても良い暮らしはできない」なんていう話を聞きます。

それじゃあ、年収90万円で暮らすなんて、しかもハッピーに暮らすなんて無理だって思いませんか?

この本を読んで、僕はこれからの人生で何を大切にするべきなのか、大きなヒントを得ました。その辺のことを今日はブログに書こうと思います。

もっと好きなことをやりたい!と思っているあなたに役立つ内容です。ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク




ただの貧乏生活本ではない

貧乏を楽しめっていうことではない!

貧乏を楽しめっていうことではない!

年収90万円で東京ハッピーライフの帯は、ホリエモンこと堀江貴文さんが書いています。

僕がこの本の購入を決めたのは、堀江貴文さんみたいな稼ぐ力がある人が、年収90万円の人の本をオススメするなんて、絶対にただの貧乏生活本ではない!と思えたから。

節約術や貧乏自慢なら興味は湧かなかったんだけど、堀江貴文さんが書いた帯がこれなんです。

年収90万円で東京ハッピーライフ

ホリエモンが書いた帯が熱い!

「働かざるもの食うべからず」なんて、古い。

親も先生も信用してはいけない。就職しなくても生きていける。終身雇用なんて期待するな。世間の常識は疑ってかかれ。同調圧力や空気に負けるな。人生は一度きり。他人に自分の運命を左右されるのは御免だ。など、僕と考え方はほとんど同じだ。「働かざるもの食うべからず」なんて、古い。 堀江貴文

この帯を読んで、「読まなきゃ!」と直感的に感じました。

この本は、お金を使わずになんとか生きていくためのテクニック本ではなく、これからの時代を楽しく生きるために、とっても大事な考え方とか哲学が書かれた本なんです。

もしもあなたが、

世間的価値観から見れば、十分に満たされて良いはずなのに、どこか空虚感を感じたり、

明日も同じ日を過ごすのか・・・と憂鬱を感じているなら、この本は絶対にオススメです。

僕は、この本に出会うまでは、年収90万円の人生なんて絶対に不幸だと思ってました。

年収90万円では、欲しいものは買えないし、遊びにいけないし、家族は養えないし、年金も払えないし、税金も払えないし、貯金もロクにできそうにありません。

でも、今では、本当に大事なモノが何なのか分かってきました。

年収90万円で東京ハッピーライフの中で、僕が良いなと思った所や真似しようと思った所を、ほんの少しだけ紹介していきます。

所有をやめてみよう

時代は、所有から、シェアや利用へ向かう!

図書館はサイコーです。何万冊という本をわたしのために所蔵してくれている!そう思うと超楽しい。ちょっと離れたところに、でっかい本棚を持ってると思えばいいんです。

18ページから

僕は、良さそうな本を見つけると、すぐにアマゾンで買っちゃいます。なんとなく所有欲みたいなものがあるんです。

でも、よくよく考えたら、本を所有していないといけない理由なんてないんですよね。本には物質的な価値はないです。本の価値は、中に書いてある内容です。

図書館で借りれば、本にとって一番の価値である内容を無料で手に入れることができます。

僕達は、まだまだ「買わなきゃいけない」「所有しないといけない」と考えがちです。

だけど、これからは、シェアや利用が当たり前の時代になっていきます。

air bnb、uber、Apple Musicなどは、所有じゃなくて、シェアや利用がコンセプトのサービスですよね。

まずは、「買わなきゃいけない」「所有しなくてはいけない」という価値観や前提を捨ててみると、お金や時間を取り戻すことができそうです。

図書館という身近なサービスさえ利用していないなんてもったいないですね。

友達なんていらない

自分のことを一番考えてくれるのは、自分!

わたしは18歳でほとんどの交友関係を断絶、楽しいひとり鎖国状態になりました。このときに、友達って別に対外的に作るものばかりじゃないんだな、と思ったんです。いちばん自分を理解して、自分のためにこんなに考えて働いていろいろしてくれる人は自分しかいません。それから、自分自身がいちばんの友達、というのも全然アリだなー、と思うようになった。

36ページから

18歳という若さで交友関係を断絶できるのは異端だと思いますが、僕もこの大原扁理さんの考えに賛成です。

僕も自分以上に自分のことを考えている人間なんていないと考えています。だから、絶対に自分を痛めつけたり、追い込んだりしません。自分にめっちゃくちゃ甘いです。

自分自身がいちばんの友達と決めてからは、自分で自分を追い込んだり、自分との約束を破ることもなくなって、気が楽になりました。そしたら、周囲の人にも優しく接することができるようになったんです。

人を追い込んだり、約束を破る人って、自分を追い込んだり、自分との約束も破っているんじゃないかな。だから、他人にも同じことをする。優しくない人間は、多分、自分に一番優しくないのかも。

優しい人間になりたかったら、まずは自分に優しくなるのが一番ですね。

働かなくてもいい生活にするための4つの方法

何が大事かを決めずに働くと、社会の歯車になってしまう!

大原扁理さんは、週に2日しか働かない生活を続けています。でも、こんな隠居生活をする前は、毎日休みなく働いていました。

そんな毎日に嫌気がさして、自分の幸せを考えてみたら、沢山働いてお金を稼いで、遊んだり買い物をするよりも、働かないことのほうが自分にとって幸せなのだと分かった。

必要なだけ働けば満足なのか、それ以上にバリバリ働くか。わたしはそこを社会に決められるんじゃなくて、自分で決めたかったんです。多摩の激安アパートに引っ越してから精神的に余裕ができたので、時間をかけて、自分にちょうどいいワークバランスを探してみることにしました。

152ページ

そこで大原扁理さんは、生活水準を下げられるだけ下げて、必要最低限のお金がいくらかを割り出し、そこから週に何日働けばいいかを逆算。可能な限り働かないようにしていったんです。その時の心構えが、↓こちら。

  1. まずは物欲を減らす
  2. 工夫して生活する
  3. 「欲しいもの」ではなく、「必要なもの」だけを買う
  4. 週に最低何日働けばいいか逆算&実践

152ページ

完全に普通の人とは逆の思考です。

大体の人って、物欲を満たして、楽して生活して、欲しいものを買っています。そして、これらを満たすために、毎日やりたくもない仕事をして、ストレスを溜めています。

やりたい仕事をしながら、物欲を満たし、楽な生活をして、欲しいものを買うっていうのをできる人もいるだろうけど、僕の周りにそういう人っていないです。それが理想だろうけど、実現するためにはものすごく競争が激しくて、才能や運も必要なレベルで仕事をしないといけない。プロスポーツ選手、芸能人、起業家といった人達がいる世界です。普通の人では、とうてい勝ち目がない世界。

大原扁理さんは、そういった厳しい世界にトライするのではなくて、自分がコントロールできるところから手をつけています。

競争力、運、才能がなくても、自分が行動さえすれば、必ず結果が出る所を変えていった。その結果、週に2日しか働かなくてもいい毎日を過ごして、東京で隠居生活を楽しんでいます。

僕も、働くのが大嫌いです。今では、自分のペースで働けるようになったから、かなり楽になったけど、欲しいものを買うためや世間体を気にして働いている面もまだまだあります。だけど、この本を読んでからは、物欲や生活を見直したり、世間体を気にしなければ、働く時間を減らしてノンビリ生きることもできるかもと考えるようになりました。

大原扁理さんみたいに年収90万円で暮らすっていうのは、かなり難しい。だけど、競争、運、才能っていう、自分ではコントロールできないところでストレスを溜めながら働くより、まずは自分がコントロールできる部分を見つけて実践していけば、もう1日くらいは休みを増やせないかなと考えています。

大事なことは、自分がコントロールできることと、できないことを理解することですね。自分がコントロールできることが分かれば、そこを実際に変えていく。そうすれば、人生は必ず変わります。

年収よりも、年金よりも、税金よりも大事なモノ

年収を高くすること、年金や税金を払うことって、あなたの人生で本当に優先順位が高いこと?

あなたは、「この人、年収90万円で年金や税金を払えているの?」と思いませんでしたか?僕もその辺が気になりました。

大原扁理さんは、年金や税金は払っていません。

年収が100万円以下なので所得税の通知は来ないし、住民税も免除。年金も免除申請をして、今は払っていない状態だそうです。

かといって、払いたくないっていうワケではなくて、この本が売れたら、年金も税金も払う気マンマンだそうです。上手くごまかしてウッシッシっていう感じではないんです。大原扁理さんは、年金や税金については、↓こんな風に書いてます。

いま税金や年金を結果的に払えていない状態なんですけど、何もそれを目的に生きてきたわけじゃないんです。もちろん、税金や年金を払うために生きている人なんていないと思いますけど。わたしはそれを払わないためにいきてるわけでもないんです。むしろそんなもの払おうが払わまいが二の次、三の次。もっと言えば、隠居がしたかったわけでも、憧れていたわけでもない。自分がどうしたら毎日楽しく生きられるかなーというのを必死で考えて、追求していったら、社会と距離をおくこういう生活スタイルにたどり着いたんです。

163ページ

そして、↓こんな風にも。

だから、税金とか年金を人生の最重要事項にするのは、いっぺんやめてみるのはどうでしょう。まずは、今自分が辛くないことを優先する。かといって、税金や年金を払わないことを目的にもしない。払えるときに払えばいいんです。払いたいって言ってて、そのまま死んじゃったら、もう誰も悪く言わないですよ。

164ページ

大原扁理さんはさらっと書いてますけど、これが普通の人にはなかなかできないんですよね。だから、やりたくもない仕事にしがみついて、ずっと普通に働いている。

本当にやりたいことを後回しにして、年収、税金、年金を払い続けている。

年収が〇〇円になったら、ずっとやりたかったことをやろう。

税金や年金を完璧に支払いながら、好きなことをやろう。

やりたいことがあるのに、なかなか行動できない人に多いのは、全てを完璧にしなければいけないという思い込みだったりします。

収入が安定していて、家族を養えていて、マイホームを建てて、新車に乗って、友人や同僚の付き合いを断らず、休日はしっかり休んで、趣味も楽しみ、上司とうまくやって、ストレスを感じず、税金や年金を完璧に支払いながら、やりたいこともやりたい。

そんなの無理です。ていうか、わがまま過ぎる。やりたいことをやってる人って、それ以外の何かをやらないって決めた人なんです。

世間体を気にしたり、年金や税金をちゃんと払おうとすると、大原扁理さんの週休5日生活は、破綻してしまいます。大原扁理さんは、これらのことよりも、まず、自分が辛くないことを優先した。

まずは、自分は何が好きなのか、何が嫌いなのかを理解することが大事なんですね。

働き方や生き方が多様化してきている今、自分にとって本当に好きなこと、絶対にやりたくないことを整理してみるのも良いですね。

まとめ

まだ何も起きていないのに、自分の未来に漠然とした不安がある?

大原扁理さんの年収90万円で東京ハッピーライフは、ずっとやりたいことがあるのに、常識やしがらみを気にして行動できないあなたにとって、大きなヒントを得られる本です。

テレビ、雑誌、新聞では、日本の将来の不安をあおるようなニュースがバンバン流されています。僕の周りにもたまに、「不安しか感じない」という人がいます。

でも、そういう人達って、安定した仕事をしていて収入は十分にあるし、マイホームも持ってるし、家族も子供もいて、でっかい車に乗ってたりして、世間的には十分に幸せなんです。

なのに、漠然とした、得体の知れない不安を感じている。

そういう人と不安について話している時、「彼らは今じゃなくて、過去や未来を生きているんじゃないかな」と思うことがあります。

取り返しがつかない過去に縛られてクヨクヨしたり、まだ何も起きていない未来を考えて不安になったり、いつか起きるかもしれない幸運を夢見て、寝る前の妄想を膨らませて寝不足になったり。しまいには、うさん臭い陰謀論を語り出す人もいます。

僕は、年収90万円で東京ハッピーライフという本から、「今を生きよう」という、大原扁理さんのメッセージを感じました。

僕は、今を生きるということは、今日だけで良いから「ちゃんと生きる」ことだと思っています。じゃないと、何か大事な選択をする時に、判断を間違えてしまいそうな気がするんですね。嫉妬や欲に駆られて、おかしな選択をするような人生は嫌だなぁ。

今、僕達が信じている大前提や常識を一度無視して、

  • 本当にやりたいことをちょっとだけやってみる
  • 絶対にやりたくないことをやめてみる

ということからスタートしてみても良いのかもしれません。

今日の小さい行動があなたの人生を変えることもあります。

最後までありがとうございます!

年収90万円で東京ハッピーライフ | 大原扁理, 死後くん |本 | 通販 | Amazon
Amazonで大原扁理, 死後くんの年収90万円で東京ハッピーライフ。アマゾンならポイント還元本が多数。大原扁理, 死後くん作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また年収90万円で東京ハッピーライフもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
スポンサーリンク







シェアする

フォローする