年金だけでは生きていけない老後のために、今できることを考えてみたよ!

LIFE SHIFTを読んで、年金だけでは生きていけない老後のために、今できることを考えてみたよ!

どうも!イナケンです。

年末にLIFE SHIFTという本を買って読んでいる途中なんですが、思うことがあったので、ブログに書いておこうと思います。

この本が、どんな本かというのをざっくり説明すると、

  • これから人間は長生きするぞ。
  • 100年生きるのが普通になるぞ。
  • 長く生きるから、技術や科学の進歩を何度も経験するぞ。
  • 価値観が次々に変わるから、今立てている計画なんて、ほぼ役に立たなくなるぞ。
  • 長く働かないと、老後にお金が足りなくなるぞ。

というようなことが書かれていて、これからの時代に生きるということは、

1つのスキルやキャリアでは足りなくなる。

ということを予言しています。このことについて、色々考えてみました。

スポンサーリンク




年金だけでは生きていけない長い老後

年金だけでは生きていけない長い老後

あなたは、老後の生活のためにどんな準備をしていますか?

僕は今39歳ですが、僕の親とかの世代までは、

  1. 学校で学んで、
  2. 会社で働いて、
  3. 引退して老後。

っていう、3つのステージを生きれば良かった。まあ、なんとか計画できますよね。老後の期間も10年とかだし。

だけど、僕達の世代だと、老後が20年以上になるんですよ。70歳定年で、90歳まで生きる可能性がある。もしかしたら、もっと長いかも。

今の20代前半だと、もっと長生きになるので、100歳を軽く超えていきます。

しかも、死にかけの老後ってワケでもないんですよ。けっこう元気な老後です。

長生きは良いことじゃんと思うかもしれないですけど、

  • お金どうするの?
  • 年金だけじゃやっていけないし、そんなもん将来あるかどうかも分からんよ。
  • できるだけ長く働かないといけないよ。
  • だったら、人生のステージを3つじゃなくて、もっと多くして、長く働けるように準備しておけよ。

と、LIFE SHIFTには書かれています。

長生きするから、さらに働かなくちゃいけないのか・・・と気持ちが暗くなった人。正直に言いますが、マジでシンドい人生になると思います。

逆に、長生き最高!もっと色々やれるじゃん!と思ったあなたは、これから楽しい人生を生きていけると思います。

僕も、長生き最高!って思っているタイプの人間です。根がグウタラなので、締切が後回しになったほうが気が楽なのです。

これまで当たり前だった3ステージの人生が終わって、複数のキャリアやスキルが必要な時代。これからの人生は、ドラゴンクエストみたいになるのかもなぁと思いました。

機械や人工知能ができない仕事をするためのヒント

ドラゴンクエストの転職システム

転職システムがあったら、あなたは何になる?

ドラゴンクエストは、主人公が経験を積みながら強くなって、悪の大王を倒すっていうシナリオのロールプレイングゲームです。

ドラゴンクエストには沢山のシリーズがあって、3作目に転職というシステムがあったんです。

最初は戦士だったキャラクターが、途中で魔法使いに転職することができるんです。

戦士は、力が強く、剣を使って戦うのが得意。

魔法使いは、力は弱いけど、魔法を使って敵を倒します。

戦士が魔法使いに転職すると、力も強く、剣も使える魔法使いになることができるんです。その逆も同じ。

ドラゴンクエスト3は、僕が小学4年生か5年生くらいの時のゲームだったと思うんですが、この転職システムに大興奮して、色んな職業を組み合わせていた記憶があります。

100歳まで生きるのが当たり前で、価値観や常識が次々に変わっていくこれからの時代。

これさえやっておけば。

このスキルさえ持っていれば。

ここで暮らしてさえいれば。

こんな考えでは、仕事はどんどんなくなっていくんじゃないかなぁと思います。

インターネットや人工知能の進歩で、単純作業、計算、記憶といったような仕事は、機械がやるようになります。Amazonが無人のコンビニの実験を始めたりしていて話題になっています。

きっと僕やあなたがやっている仕事も、どんどん機械がやるようになっていきます。自分は大丈夫っていうことはないんです。

僕は、そんな時に必要なのが、スキルの組み合わせではないかと考えています。

ドラゴンクエストで、職業を組み合わせていったように、僕達も色んなスキルや技術や資格を組み合わせていくことが必要になってくると思うんです。

機械は、単純作業や記憶や計算は得意だけど、スキルを複雑化したり、スキルを組み合わせることで生まれる新しい価値っていうのは、作り出せないはずだから。

誰でも金メダリスト級の人材になる方法

ホリエモンの100万分の1金メダリスト理論

金メダリスト級の人材になるのも夢じゃない!

ホリエモンこと堀江貴文さんが、100万分の1の人材のお話をしていたことがあります。

100人の中で一番になれるモノを3つ掛け合わせると、100万人に1人の人材になれる。これは、金メダリストと同じくらい希少価値がある。100✕100✕100=1,000,000

金メダリストになった人って、引退した後も、本を出したり、テレビに出たり、講演したり、コーチになったりって感じで、食いっぱぐれがないそうです。それだけ、特別な存在なわけです。みんな金メダリストの話は聞いてみたいし、価値を感じますからね。

1つの競技で世界の頂点に立つ金メダリストは、努力以外にも、運や才能や環境や人脈も必要で、普通の人には獲得が難しいです。

でも、100人の中で1番になるなら、努力次第でなれるかもしれないですよね。学年で1位とか、町内で1位とかで良いわけです。もしかしたら、あなたもすでに100人中1位のスキルを持っているかもしれません。

しかも、勉強とかそういうんじゃなくて、あなたの好きなモノで良いんです。本当はやりたくないけど、嫌々やらされるものじゃなくて、あなたが自らやりたいと感じる好きで楽しいモノで、100人中1位になる。それを3つで、誰でも金メダリストと同じくらい希少な存在になれる。

1つのことに集中して10年もやれば、100人中1位になるなんて簡単だと思います。効率よくやれば、5年や3年でも可能です。

僕は、今年40歳になります。自己診断だけど、100人中1位になれるスキルを持っていると思っています。

40歳からの10年間で、もうひとつのスキルを手に入れようと考えています。

50歳から60歳までに、3つ目のスキルを手に入れることができたら、100万分の1のスキルを持った人間になれるのかぁとワクワクしています。

インターネットを使って効率よくやれば、もっと早く3つのスキルを手に入れることもできそうです。そしたら、さらにスキルを組み合わせて、今までにない仕事や価値を作り出せるかもしれません。

僕は、1つのことを徹底的にやることも大切だと思うし、それができる人を尊敬しています。例えば、野球のイチロー選手みたいなことができたら、そりゃあ凄い。

だけど、イチロー選手を目指して挫折した時。2度と立ち上がれない人もいるんじゃないかなと思うんです。目標をガチガチに固めてしまうと、叶わなかった時に修復ができない。夢や目標が叶わないことって普通に起きていることです。だったら、色んなことに何度でもトライすることの方が大切だと思います。

好きなことや遊ぶことでも、ちゃんと稼げる!

僕達の世代の人生は長い。40歳から新しいことを始めないといけない。これって大変なことかもしれないけど、始めることができる、と考えることもできます。

ハイロウズっていうバンドの14才っていう曲では、「人生のストーリーは、一生じゃ足りない」って歌ってます。

ちなみに、ドラゴンクエストでは、遊び人っていう職業もあったんです。本気で徹底的に遊ぶことでしか得られないこともありますよね。

LIFE SHIFT、僕もまだ途中までしか読んでないんですが、今年新しいことを始めようと思っているあなたにピッタリの本です。チェックしてみてくださいね。

以上です。最後までありがとうございます!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする