禅をベースに作られた整理術「GTD」がマジでスゴイから紹介する!

禅をベースに作られた整理術「GTD」がマジでスゴイから紹介する!

どうも!イナケンです。

今日のブログは、

  • なんだか最近、色んなことがうまくいっていない。
  • ずーっと頭の中にモヤがかかっているような感じがする。
  • やり残しが沢山あるはずなのに、何から手をつけて良いか分からない。

って感じの毎日が続いているあなたにオススメの内容になってます。

ぜひ読んでみてくださーい。

仕事もリラックスもまともにできない大人

このブログのテーマは、「ちゃんと生きる」なんですけど、「ちゃんと」の中には、「今を」っていうのも含まれています。

それじゃあ「今を生きる」ってなんぞや?ってことになってくるんですけど、僕は、「目の前のことに集中して没頭する」と捉えています。

大人になると、昨日の失敗にクヨクヨしたり、これから起きるか起きないかも分からないことに憂鬱になったりして、目の前のことに没頭できないってことないですか?

子供の時って、授業と授業の間のたった20分の休憩時間でも全開で遊んでいたと思うんですよ。でも、大人になると1時間の昼休憩もろくにリラックスできないし、休日の午後には、明日からの仕事を考えてブルーになってしまったり、せっかく遊びにでかけたのに、やり残したあれやこれやを思い返して、集中して楽しめない。

今のことじゃなくて、過去や未来のことばかり考えている。これじゃあ、何をやっても中途半端になっちゃいます。仕事の質が下がるのはもちろんだし、趣味やプライベートな時間の質も下がっちゃいます。

人生は「今」の連続。待っていても何も起きないし、前に戻ることもできない。

人生は、今の連続だから、今に集中して没頭できなかったら、たった一度の人生を楽しむことなんてできないんですよね。

僕は、アシュタンガヨガを実践することで、今に集中する練習をしていますが、巷では、禅も人気があります。

BRUTUSでも、禅特集をやってました。美容院で読んだんですけど、すごく濃い内容で面白かったですよ。

アシュタンガヨガも禅も、瞑想の要素があります。瞑想をすることで、過去や未来にとらわれず、今に集中することができるようになるのだそうです。

僕はじっとしている瞑想が苦手なので、動きながらやる瞑想と言われているアシュタンガヨガを実践していますが、運動が苦手な人は、禅も良いかもしれないですね。

僕は禅はやったことも勉強したこともないんですけど、禅からヒントを得て編み出された整理術を使っています。

超グウタラのアラフォーのクソニート予備軍を救った整理術

この整理術、スゴイんですよ。仕事のタスクはもちろん、プライベートなこともストレスを感じずに、次々と実行できてしまう優れもの。例えば、あなたが「いつか世界一周旅行をしたい!」という夢があったとしても、この整理術を使えば必ず、着実に一歩一歩実現に近づいていってしまうんです。

以前このブログでも書いたんですけど、僕は、不老長寿の薬が手に入ったら、自分で飲まずに親に飲ませて、自分はずっと養ってもらって、親より先に死のうと思っていたほどの超グウタラ人間です。

昔は、マジでこの画像みたいにグウタラしてましたから。

そんな僕が、自分で自分を管理しなくてはいけない個人事業主としてやっていけていたり、こうやってこのブログを更新できているのも、この整理術のおかげなんです。この整理術を知らなかったら、今頃アラフォーのクソニートだったのではないかと思います。

今日は、禅をヒントに編み出された整理術、GTDを紹介します!

さらば雑念!イケない薬無しで集中力マックス!

GTDというのは、Getting Things Done(ゲッティング シングス ダン)の略です。

デビッド・アレンという人が作った技術です。デビッド・アレンいわく、GTDを実践することで、

水のように澄んだ心

を会得することができます。

澄んだ水は、究極のニュートラル。形を自由自在に変えられます。

頭の中にある雑念を取り払って、透き通った水のようにクリアな感覚で目の前のことに取り組むことができたら、どうですか?

仕事の質が上がれば、年収がアップするかもしれないし、休日を思い切り楽しむことで、家族や友人との時間がより良いものになり、絆が深まるかもしれません。

  • なんだか最近、色んなことがうまくいっていない。
  • ずーっと頭の中にモヤがかかっているような感じがする。
  • やり残しが沢山あるはずなのに、何から手をつけて良いか分からない。

というあなたは、GTDを試してみてください。

最初の1時間で、頭の中がスッキリしてくるのを感じます。1週間実践すると、人生や暮らしの風通しがよくなって明るくなってくるのを感じますよ。

GTDが習慣化してしまえば、頭の中がスッキリするのはもちろん、現実に部屋がキレイに片付くようになります。毎日ストレスを感じずに、身軽に生きている自分を実感するようになります。

そんな上手い話があるのか?まさか、イケない薬を飲むとか・・・

って思っちゃうかもしれないですけど、変な薬を飲んだり、専用の手帳を買う必要もありません。僕は、iPhoneだけでGTDを実践しています。整理術って言うと難しそうに感じるけど、GTDの仕組みはとても簡単。次は、GTDの仕組みを簡単にお伝えします!

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術を読めば全て分かるよ。

僕は、GTDを↓この本で学びました。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術という本です。

アマゾンで検索すると、全面改訂版というのが新しく出ていました。

これから読む人はそっちのほうが良さそうです。

GTDの詳しいやり方は、この本を読んでもらえれば分かります。

図やチャートを使って分かりやすくGTDのやり方を説明してくれています。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 チャート

僕のメモが書き込んでありますが気にしないでくださいね。

難しい精神世界や哲学の話は出てこないし、「毎日お祈りしなさい」みたいな宗教的な教えも出てこないので安心してください。誰でもすぐに実践できる仕組みが書かれています。

ここで、GTDの方法の詳しい説明はしません。すごく長くなってしまうし、「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」を読んでもらったほうが分かりやすいので。

なので、僕なりにものすごく簡単にGTDがどんなモノなのかっていうことをお伝えしますね。

GTDを使えば、海外旅行に行く夢も叶っちゃう。

GTDっていうのは、

  1. 頭に浮かんだ全てのものを書き出す!
  2. やる、やらない、保留の振り分けをする!
  3. やるならやる、やらないならやらない、保留するなら保留する、という行動を実行する!

っていう3つのステップだけでできてしまいます。(本来は、5つあるんですけど、今日は3つだけお伝えしています。)

例をあげてみますね。

ステップ1:頭に浮かんだ全てのものを書き出す!

「あ、取引先にメールを送らないと!」と気づいたら、頭で覚えておくんじゃないくて、必ず何かに書き出します。手帳、メモ、カレンダー、チラシの裏、何でもOK。僕はiPhoneのリマインダーというアプリに書き出しています。

仕事のことじゃなくても頭に思い浮かんだことは、全部何かに書き出して、一箇所にまとめておきます。例えば、「洗面台をキレイにする」とか「ハワイ旅行に行く」とか「牛乳を買う」とか「早起きする」とか「靴を買う」とか、とにかく全部書きだして、一箇所にまとめておきます。これが、GTDの最初のステップ「頭に浮かんだ全てのものを書き出す!」です。

ステップ2:やる、やらない、保留の振り分けをする!

そんで、週に1回でも月に1回でも良いんですけど、(デビッド・アレンは週1回を推奨しています)、一箇所にまとめた「自分の頭の中に浮かんだこと」を振り分けます。これが、「やる、やらない、保留の振り分けをする!」のステップです。

ステップ3:やるならやる、やらないならやらない、保留するなら保留する、という行動を実行する!

そして、やると決めたことで、今すぐに実行できることは、その場でやってしまいます。デビッド・アレンは、2分で完了することは、全部その場でやってしまおうと言っています。

やらないと決めたことは、その場で削除。また思い出すまで気にする必要はないです。

保留は、やりたいけど、今すぐには無理だなーということ。例えば海外旅行なんかは、達成するために必要な次の行動を決めます。例えば、「海外旅行のための毎月の貯金額を決める」というステップにして、次の振り分けを行うまでそのままにしておいてもOKです。もしくは、「海外旅行に行く」というメモをそのまま残しておいても大丈夫です。これが「やるならやる、やらないならやらない、保留するなら保留する、という行動を実行する!」のステップです。

「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」には、さらに詳しいステップや仕組みの説明もしてありますが、大まかには、この3つのステップで実践できます。

GTDを実践すると、もうひとつ脳みそを手に入れられる。

やることが山ほどあるのに、ぜんぜん進まない。考え事ばかりして頭がスッキリしないっていうのは、頭の中だけで考えているからなんです。

頭の中にあることを書き出すと、頭の中から出てきます。書き出すことで、頭の中にあった単なるイメージが、手で触って動かせる実物に変わるイメージです。こうなると、処理するのはとても簡単。振り分けたり、捨てたり、形を変えたり、あなたの自由になるんです。

僕もGTDを実践する前は、休日でも「あ、あの書類っていつまで作るんだっけ・・・」「あの仕事終わらせなきゃなぁ」「こないだ書こうと思っていたブログのネタってなんだったっけ・・・」という感じで、色んなことが頭の中に詰まっていて、リラックスすることも、目の前のことに集中することもできなかったんです。

今は、GTDを実践することで、もう一つ脳みそを持ったような感覚になりました。外付けハードディスク的な感覚ですね。「思い浮かんだことを全て書き出す」という単純なことをするだけで、記憶しておくということが必要なくなるんですね。だから、覚えておくっていうことや思い出さなきゃいけないということに脳のエネルギーを使わずに済みます

GTDが、自分の記憶媒体になってくれます。

その分、脳が疲れないから、新しいことのインプットや楽しいことのアウトプットに脳を使うことができて、仕事の質も上がるし、休日も楽しくなりました。

僕は色んな所でGTDをオススメしてるんですけど、なかなか実践に移している人が少ない印象です。僕の勧め方が悪いのかもしれないんですが、面倒なことが一つ増えるって感じなのかもしれません。

なので、まずは、次の2つのことだけをやってみてください。

誰でも頭と人生が軽くなる、超カンタンGTD実践術!

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術を読んでも、なかなかGTDが実践できなかった時は、まずは、↓この2つだけをやってみてください。

  1. 頭に浮かんだ全てのものを書き出す!
  2. 2分以内に完了することは、今すぐにやる!

この2つです。僕も最初は、なかなかGTDを実践できなかったんですね。

特に、2つ目のステップの「やる、やらない、保留の振り分けをする!」をやる時間を作れなかった。GTDは、この2つ目のステップがミソなんですが、これを実行するのが難しい。

だけど、難しいと言って1つ目の「頭に浮かんだ全てのものを書き出す!」をやらないと、2つ目のステップができないわけです。

とにもかくにもGTDの実践には、「頭に浮かんだ全てのものを書き出す!」が絶対に必要です。なので、しばらくは、メモの鬼になってみてください。常にメモ帳やノートを持ち歩くか、スマホのメモ機能を使って、やろうと思ったこと、欲しいもの、アイデア、どんなことでもとにかく書き出す!音声メモでもOK。とにかく、頭で覚えておくのをやめてみてください。記憶しておくこと自体には、価値なんてありません。大事なのは、行動に移したかどうかです。

そんで、思いついたことの中で2分で完了することは、すぐにやってしまう。

朝起きて出かける時、パジャマを畳んでいないことに気づいたら、やってしまいましょう。

出かける時に玄関に履いていない靴が何足か並んでいたら、下駄箱に入れてしまいましょう。

車のゴミ袋がいっぱいになっているのに気づいたら、さっさと捨ててしまいましょう。

これらは、2分もあれば完了することですよね。

僕は、暮らしの淀みっていうのは、こういう小さなことを無視し続けた結果だと思っています。これくらいでは暮らしも人生も変わらないと思っているような小さいことを無視しつづけた結果、仕事もプライペートも行き詰まって、ストレスが溜まり、心も体も不健康になっていく。

これを知っておくと、逆のアプローチにも使うことができます。暮らしや人生が行き詰まって、淀んでいると感じたら、小さいことから変えてみるんです。

宝くじが当たるとか、戦争が起きて世界が変わるとか、ある日いきなり才能が芽生えるとか、そういった大きな変化を望むのではなく、今すぐできる小さなことをやる。2分で完了することを1日に1つやるだけで、人生って変わりはじめるんです。

GTDは、整理術という謳い文句で本になっていますが、実践することで、整理すること以上のメリットを得ることができます。脳が疲れにくくなり、目の前のことに没頭するエネルギーを感じるようになります。

GTDの開発者デビッド・アレンが言う

水のように澄んだ心

を手に入れて、人生や暮らしを風通しがよく気持の良いものにしていきたいですね。

今日僕がお伝えした方法は、GTDの内容をかなり端折っています。GTDは、これが全てではなくて、ほんの一部です。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術には、さらに奥が深い言葉や便利な方法が書かれています。超オススメなので読んでみてくださいねー。

(↑画像クリックで、アマゾンのページが開きます。)

今日は以上です。最後までありがとうございます!